バイク買取でやってしまった失敗談

バイクを高く売るためにカウルを拭いていたところ、うっかりカウルを傷つけてしまいました。
その結果、バイクの買取代金が下がってしまい・・。
こんな悲惨な経験をしたので、みなさんにお伝えしておきます。

・綺麗に磨こうと思ったらバイクのカウルを傷つけてしまった!

少し前のことですが、バイクを売るときに重大な失敗をしてしまいました。
それは、バイクを少しでも高く売ろうと思ってカウルを磨いていたら、誤ってカウルを傷つけてしまったことです。
ウエスで軽く磨いていただけのつもりでしたが、たまたまウエスに小石が付着しており、その状態で拭いてしまったため、カウルに傷がだだだと入ったのです。
それはそれはとても見事な傷で、とても「デザインです」と誤魔化せないほど目立つものでした。
結局、どうすることもできず、気落ちしたままバイクを査定をお願いしたのですが、金額はというと・・・やはり燦々たるものでした。
もしカウルが綺麗な状態であったら、どれだけの金額になったかは分かりませんが、いくらかの減額は避けられたでしょう。
自分としてはバイクの商品価値を上げるための行為でしたが、その思いは実を結びませんでした。
なんとも情けない話ですが、次回からは気をつけたいと思っています。

・バイク買取の前にメンテするときは注意したほうがいい

自分の失敗経験を踏まえて言わせてもらえば、バイク買取の前にメンテするときは、当然のことですが細心の注意を払ったほうがいいと思います。
なぜなら、僕のようにただカウルを拭くだけでも、車体を傷つけてしまうことがあるからです。こんなことは、そう無いのかもしれませんが・・・
僕の場合は不注意が災いしたとしかいいようがありませんが、それでもただカウルを拭くだけでも車体を傷つけることがあるというのは、恐ろしいことです。
何が恐ろしいかというと、ほんの思いつきで行ったメンテナンスのせいで、バイクの買取金額を下げてしまうということです。
余計なことをしなければ金額を下げずにすんだのですから、これは真剣に考えなければなりません。当たり前のことですが、そもそも新品バイクじゃないんだから過剰なくらいキレイにする必要もないのです。
これからバイクを売ろうと思ってる方は、どうか僕の経験を生かしてください。
つまり、バイクの商品価値を上げるための無理なメンテナンスはしないこと、もし行う場合でも細心の注意を払って、メンテナンス行うことです。しっかり動けば、汚れを落とす程度が無難かもしれません。